--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-02

ここに来て迷いが...

8/31、9/1と夏休みでした。
天候が優れず、当初の予定は中止して、自宅周りでまったりしていました。

さて、今年に入り、長期の分散投資による資産運用の方針を掲げましたが、そのやり方で少々迷いが生じてきました。
とりあえず、適当なファンドの積立を始めましたが、ネットで各所から情報収集しているうちに、消化不良を起こしてきました。

そもそも、長期の分散投資って本当に信用できるのでしょうか。
過去の実績では確かに、マッチした運用方法だったかもしれませんが、今後も通用するのでしょうか。
結局、結果がわかるのは、20年なり30年後ですよね。

もちろん、確実な未来なんて予測不可能なんでしょうが、インデックス投資をしている方々のブログを拝見すると、みんなが同じお題目を唱え、他の投資法を否定し、『これそこが真実なのだ。』って洗脳されているような感じで、変な新興宗教や、マルチまがい商法の勧誘に似た雰囲気を感じてきたもので...。

まぁ、リスクは自分で決めれるので、自分で判断すれば良いのでしょうが。


あと、投資の対象商品ですが、当初は証券会社でインデックス投信を積立、ETFへのリレーを考えていました。
今でもこれが一番無難な気もしますが、他にも予定利率4.75%の個人年金を使った方法も考えました。
ただし、自分で計算してみると実際の運用益としては3%ちょい位になりました(今度検算結果を記事にしてみようと思います。)。思ったより利回りが下がりましたが、インデックス投信に比べればリスクは小さいと思うので、未だ候補の一つです。

あと、つい2,3日前に気づいたんですが、確定拠出年金(日本版401k)です。
実は今まで自分には全く関係ないものと思って、本などでもこの項は読み飛ばしていたのですが、どうやら私も個人型の対象者になるらしいことがわかり、慌てて情報収集をしています。
ただ、手数料等の仕組みなどが、今までの商品と大きく違うので、本当にトクなのか、お勉強中です。
金融機関によって手数料が異なったり、扱ってるファンドが異なるので、確認に手間取ります。

結論からいくと、手数料だ、信託報酬だの議論より、減税の効果で一番トクなのでしょうか。


また、信託報酬が安いほうがいいというのも、定性的にはわかるのですが、それは明らかに基準価格(乖離率)に現れてくるのでしょうか。
ありえないかもしれませんが、2つのファンドで信託報酬が異なっていても、基準価格が同じ比率で動いていたら、どちらを選ぼうが損得は無いわけですよね???

私は月々に投資に回せる額が小さいのであれもこれもということができませんし、長期運用なので途中での変更もリスクになると思うので、じっくり考えたほうがいいと思い、今は頭を悩ませています。
何か重大な見落としが無いかと、心配です。


今回は、支離滅裂になってしまいましたが、私の頭の中はもっとぐちゃぐちゃで、少しでも整理できればと思い、文章にさせていただきました。


何方様でもけっこうですので、何かアドバイスいただければありがたいです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ため

Author:ため
何度も失敗と経験を重ね、ようやくスタイルが決まってきた!?
いやいや、まだまだ試行錯誤の繰返し!
自分にあった資産形成を探し続けます。

バツ1、40歳男のファイナンス記録。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
来訪者カウンター
RSSリンクの表示
スポンサードリンク
キャッシュバック有り
ブログランキング
ブログランキングに参加してます。 クリックお願いします。

日本ブログ村
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

FC2ブログランキング
FC2Blog Ranking

CM
SBI証券

楽天証券
検索フォーム
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。